• オープン外構をクローズ外構にリフォーム(2)
    64

    オープン外構をクローズ外構にリフォーム(2)

    クローズ外構へのリフォーム事例(2)です。リフォームのきっかけはセキュリティ、年数による陳腐化、目隠し、建物とのバランスなどありますが、施工前と施工後では住宅の見栄えがよくなり満足していただけます。基本的な要望にサンリブでは機能と全体バランス・デザインを合わせて提案します。

  • オープン外構をクローズ外構にリフォーム(1) 
    63

    オープン外構をクローズ外構にリフォーム(1) 

    当初の希望は、開放的で軽快なオープン外構だったお宅も、生活するにつれてクローズ外構への変更希望が出てくる場合があります。その外構リフォーム事例をご紹介します。門塀・門扉が整うとオープンとは違って、落ち着いた住宅ファサードにデザインされます。

  • 車庫・駐車場の拡大 リフォームガレージ
    62

    車庫・駐車場の拡大 リフォームガレージ

    さまざまな人生のタイミングで家族の所有車が増えることがありますよね。そのとき駐車場スペースにも余裕があればいいのですが、無い場合もあります。敷地が限られていれば仕方ありませんが、例えば塀やお庭のスペースを整理して駐車場を拡大するという方法もあります。

  • 広い庭を活かす
    61

    広い庭を活かす

    敷地に余裕がある広いスペースのエクステリア事例です。駐車場・アプローチがある南向き玄関に広いスペースがある場合や、リビング・和室前が広い、北向きの広い庭など、敷地条件と間取りの関係で全体デザインから樹木の品種まで考える必要があります。

  • 庭の整理(雑草・高木)
    60

    庭の整理(雑草・高木)

    築20年以上の庭の雑草・植木の茂りすぎで、庭が活用出来ない状態を改善した事例です。高木の伐採、灌木類(背の低い植木)の撤去整理で新たな敷地空間で、子供の遊び場・再度部屋内から眺めるシンプルモダンな庭・井戸端会議のできる庭・・・など、目的に対応した庭リフォームで、庭を再生。

  • 庭整理・雑草対策のガーデンリフォーム
    59

    庭整理・雑草対策のガーデンリフォーム

    広い庭を綺麗に保ちたい。そんな時は花壇スペースを決めて残りを舗装してしまうのも1つのアイデアです。

  • モダン和風の庭(2)
    58

    モダン和風の庭(2)

    現代和風の庭の続きです。雑木(もみじ・エゴ・シャラなど)と水鉢でも和モダンは表現できます。素材をシンプルなデザインにした事例とガラスと竹垣のマッチしにくい材料もデザイン次第でモダンな庭になります。

  • 和のテイストをとり入れて〜和モダンの庭〜
    57

    和のテイストをとり入れて〜和モダンの庭〜

    純和風の庭のニーズは減ったものの、和のテイストをとりいれた現代和風(和モダン)の庭は根強い人気があります。小さな坪庭から大きな庭まで広さに関係なく、伝統の和を現代和に表現するのは砂利・自然石(主に御影石)・植木などの
    自然素材の構成です。

  • シニアガーデン (2)
    56

    シニアガーデン (2)

    シニアガーデン(1)と同じく、築20年以上の庭を検討されている方の参考用設計です。今回は庭を多目的に使うことができる庭提案です。庭をながめたり、軽食時の場所もその日の気分で変えたり、家族と、近所の友人と、一人で、とその時々により好きな場所で過ごすプランです。デッキ・和モダン庭園・フリースペースで楽しみ方いろいろな欲張りデザインです。

  • シャッターのある駐車場ガレージ2
    55

    シャッターのある駐車場ガレージ2

    ここでは門塀・駐車場を同じスタイルで統一した事例を中心に、駐車ボックス、駐車場と門を分けた事例を紹介します。敷地条件より駐車場位置が変わることで、建物・門塀・ガレージの関係もデザインが変わります。

  • シャッターのある駐車場ガレージ
    54

    シャッターのある駐車場ガレージ

    ガレージシャッターの駐車場事例。シャッターの色んな種類と外構・建物とのバランスでデザインやイメージも変わります。特に、シャッターの構造がRCコンクリートとアルミのフレーム、及びRCコンクリートの場合は吹付けとタイルで印象もかわります。エクステリア全体のデザインをまず考えてシャッターの構造・種類・カラーを参考にしてください。

  • シャッターガレージと外構デザイン設計
    53

    シャッターガレージと外構デザイン設計

    1台、2台用シャッターのある外構・庭をデザインしました。
    シャッターの高さを生かして、重厚なデザインから直線・アールで斬新な個性的、エレガントさ、などなど設計アイデアです。以下の事例は事前の申し込みが必要になります。(設計だけの場合も承りますが有料となります。担当、南・大塚までお問い合わせください。)

  • ファサード追及〜建築との調和〜
    52

    ファサード追及〜建築との調和〜

    外構のデザイン力はファサード(正面から見た建築・外構の顔)の決め手になります。ファサードの美しい住宅は建築価値を高めます。以下の事例を見ていただくとわかりますが、いずれもシンプルで上品またはおしゃれな感じがします。これに施主の個性をエクステリアでどう加味するかが工事するサンリブのデザイン力です。外構デザインは、一つ一つの手作りで(既製品をつかってもそのコーディネートで変わる)同じ外構とはなりません。(敷地条件+施主のイメージ+外構業者) (担当:南)

  • レンガを門柱・塀に
    51

    レンガを門柱・塀に

    レンガシリーズ。レンガ各種の門柱を中心に集めた事例です。れんが素材は形が自由にとれることでデザイン性があります。アール・高さの変化で施主のイメージや他との取り合い、土間の調和などお客様の個性が表現できる数少ない商材です。

  • シニアガーデン(築30年の庭)
    50

    シニアガーデン(築30年の庭)

    デザイン設計を楽しみながら庭を検討する図面集です。築20年以上の庭(要望で多かったのが雑草対策・バリアフリー・子供が遊べるでした)を多く手掛けた経験を通して、「健康な体作りをする庭」としてシニア対象のプランです。建物・敷地は仮設定です。庭が日常生活の一部として、菜園・フィットネス・子供が遊ぶ・食事などを想定しています。 *担当者:大塚

  • 玄関アプローチのデザイン「長い・アール・直線」
    49

    玄関アプローチのデザイン「長い・アール・直線」

    家からの出入りに毎日通るアプローチ通路。「歩きやすい」というのはもちろんのこと、カーブのあるナチュラルな通路、長い遊歩道風、シンプルな直線、目隠しのある円形アプローチなど。

  • 建物の外観と同じデザインで外構をまとめる
    48

    建物の外観と同じデザインで外構をまとめる

    どんな外構デザインにしようかな?と言うとき、いろいろな考え方がありますが、住宅の建物外観デザインをそのまま外構にとりいれると、外構が主張しすぎず、すっきりと一体化したエクステリアになりますよ。

  • 駐車場のグレードアップ
    47

    駐車場のグレードアップ

    駐車場の屋根・拡張・ガレージ土間のリフォーム工事例です。アプローチ・門との兼ね合い、機能性、敷地など・・・いろんな条件にデザイン性をプラスした駐車場リフォームです。

  • 和室・リビング前の庭デザイン
    46

    和室・リビング前の庭デザイン

    タイルデッキとウッドデッキでハイグレードなデザインが可能です。生活機能・雑草対策、高さの変化による部屋内からの眺めなど庭生活がより楽しくなります。
    *デザイン重視のお客様は事前に申し込みが必要です、内容により仮契約をして頂くことがあります。詳細は担当南までご相談ください。

  • 坪庭のデザイン設計
    45

    坪庭のデザイン設計

    モダン和風・小さな庭のいろいろ(玄関・リビング・お風呂から)
    1m X 1m〜から2m X 3m ぐらいまでの庭です。

  • 道路に面しているリビングの目隠し
    44

    道路に面しているリビングの目隠し

    道路に面しているリビングの目隠し事例です。庭の目隠しを工夫して庭を生かせば結果的に、リビングからも程よい景色になります。エクステリアメーカーもその為の色んな商品を用意しています。

  • 同じ敷地を5つのデザインパターンで比較
    43

    同じ敷地を5つのデザインパターンで比較

    敷地建物条件(南向き玄関)を同じにして、外構・庭のいろんなデザインをしました。エクステリアのテーマを何にするかで、門・アプローチ・駐車場・庭のデザインが変わります。その結果住宅の雰囲気や外構デザイン・機能も変化します。ここでは敷地建物を変えずに外構をテーマ別にした事例です。  *このようなデザインをご希望される場合は一定の検討期間と仮契約が必要となります。(ご相談は、南・大塚までお願いします。)

  • 敷地と建物条件での色々な目隠し
    42

    敷地と建物条件での色々な目隠し

    敷地条件、方位、建物の向きにより目隠しも変わります。ここでは駐車場、自転車、サービスヤード、道路などの施工例です。

  • 目隠しでつくるプライベートテラス空間
    41

    目隠しでつくるプライベートテラス空間

    開放的な庭も素敵ですが、プライベートな時間を楽しむのであれば、道路や隣家からの視線はさえぎりたいもの。目隠しの素材や高さ、屋根の有無でテラス空間の雰囲気も変わります。

  • アール曲線の外構デザイン設計
    40

    アール曲線の外構デザイン設計

    曲線の持つエレガントな女性好みのデザインです。最初の2例は同じ敷地条件でアール曲線が違うことで門・塀の位置も変化します。

  • 庭の目隠しいろいろ
    39

    庭の目隠しいろいろ

    庭と隣地境界・道路境界での目隠し施工例です。 材質(アルミ、ブロック、天然木、樹脂、人工竹)と高さによる違いで雰囲気もかわります。

  • エクステリアデザインを考えて目隠し
    38

    エクステリアデザインを考えて目隠し

    室内から庭を眺めたときに周囲からの視線が気になると、なかなか、その庭スペースを活用しにくいものです。ところが塀やフェンスなどで庭を囲うことによって、空間のプライベート度が増し、また景色もよくなります。

  • アンティークレンガを門・アプローチ・駐車場・テラスに
    37

    アンティークレンガを門・アプローチ・駐車場・テラスに

    アンティークレンガを門・通路・庭に使った事例。おしゃれなアール曲線も可能で、耐久性も抜群です。 レンガは素材としてすぐれもので、耐久性と経年変化による味わいがあります。通常の塗り壁・吹き付け門柱は年数による色の退化・汚れで再塗装が必要ですがレンガその心配がありません。ヨーロッパ(特にイギリス)ではレンガ建築で100年経過したものも多く独特なレンガの風合いが見受けられます。
    ただ難点はレンガ材料として価格が高いことです。(最初は高いが耐久性があるの
    メンテ費用は不要なので、30年間でみると、コストはたの材料と変わらなくなります。)

  • 道路と玄関が近い外構のデザイン設計
    36

    道路と玄関が近い外構のデザイン設計

    玄関まで距離がなく、かつ道路からの高さあってもデザインを工夫することで、和室前のテラス土間が目隠しで確保されます。階段の取り方が重要で決めてになります。施工上の難易度が高いですがハイグレードなエクステリアです。
    *このようなデザインのご希望の場合事前申し込みをお願いします。又状況により仮契約が必要な場合があります。(担当南・大塚)

  • モダンなモノトーンの外構
    35

    モダンなモノトーンの外構

    シックな建物の外観に合わせて、メリハリのあるモノトーンの外構を作りました。ポイントは土間など広い面へのこだわりです。黒のカラークリートや白い化粧砂利を使用しています。

  • 芝生の庭|鮮やかな緑が庭の景色を豊かに!
    34

    芝生の庭|鮮やかな緑が庭の景色を豊かに!

    新緑の季節には目に鮮やかな憧れの芝生の庭。刈り込み、水やり、肥料・・・など多少手もかかりますが、手入れをした分きれいに成長し、愛着もわきます。

  • テラス土間の庭デザイン(2)
    33

    テラス土間の庭デザイン(2)

    テラス土間のデザインを集めました。タイル・自然石・平板など、商品の大きさも色々あり、庭の大きさ・テラス屋根・目隠し・植栽とのバランスも含めてデザインしています。

  • 円形のテラス土間の庭デザイン(1)
    32

    円形のテラス土間の庭デザイン(1)

    円形テラスの事例です。リビング前・アプローチにと使われる場所は色々ですが、時には雑草対策にもなる庭にすぐれもののデザインです。

  • 角地外構のレイアウト 西向き玄関
    31

    角地外構のレイアウト 西向き玄関

    角地とは、隣接する2面が道路に接している敷地のことです。道路が交わる角部分に玄関があると、見通しが悪く、出入りに危険が伴うことがあるため、外構計画にも注意が必要です。西向き、北西向き玄関は夏の夕方の日差しの考慮も必要で、植木も日差しに強い樹木を選んでください。

  • 駐車場の屋根デッキでカーポート上を有効活用
    30

    駐車場の屋根デッキでカーポート上を有効活用

    ガレージスペースの上部を利用して、ウッドデッキを楽しむスペースをつくることができます。高低差のある敷地の2台用車庫なら広い庭に有効利用できます。

  • 石の庭|石を使って構成したダイナミックな庭
    29

    石の庭|石を使って構成したダイナミックな庭

    石のもつ自然な風合いを活かした庭の施工例をご紹介します。同じ石の庭でも、植栽や他のアイテムとの組み合わせで、まったくイメージの異なるお庭が作れます。

  • アーチの庭|アーチは華やかな庭のポイント
    28

    アーチの庭|アーチは華やかな庭のポイント

    アーチを効果的に使った庭をご紹介します。お庭のポイントになるのでどこに設置するかは大切です。植物を絡ませるなら、日当たりにも注意。

  • 古くなった塀の再塗装で家のイメージアップ
    27

    古くなった塀の再塗装で家のイメージアップ

    雨風にさらされている塀は、時間の経過とともに汚れることは避けられません。古くなったり、汚れで見栄えが悪くなってしまった場合は、再塗装することで外構のみならず建物外観もイメージアップします。

  • 門柱・門扉のリフォーム
    26

    門柱・門扉のリフォーム

    築20年以上の外構リフォームです。既存の門塀の位置を変えず、以前よりグレードアップするために、タイル、門扉、笠木、壁の色などをデザイン処理した外構リニューアル。既存よりグレードアップで概算金額は100〜200万ぐらいが目安です。(既存物取合い、グレードアップ内容などで金額は変化します。)

  • 角地外構のレイアウト 南向き玄関
    25

    角地外構のレイアウト 南向き玄関

    角地とは、隣接する2面が道路に接している敷地のことです。道路が交わる角部分に玄関があると、見通しが悪く、出入りに危険が伴うことがあるため、外構計画にも注意が必要です。

  • 角地外構のレイアウト 東向き玄関
    24

    角地外構のレイアウト 東向き玄関

    角地で東向き玄関事例は比較的少ないようです。敷地に対して、住宅・玄関の形とデザインで外構も変わりますが、角地ということで敢えて建物に合わさず外構をデザインすこともあります。また植物に適している朝の陽ざしと避けたい西日が、この東向き玄関でのいいところです。

  • 角地外構のレイアウト 北向き玄関
    23

    角地外構のレイアウト 北向き玄関

    角地とは、隣接する2面が道路に接している敷地のことです。道路が交わる角部分に玄関があると、見通しが悪く、出入りに危険が伴うことがあるため、外構計画にも注意が必要です。 玄関が北向きなので、建物に変化ないと殺風景になりがちで、外構デザインにも工夫が必要です。

  • ウッドデッキのデザイン特徴事例
    22

    ウッドデッキのデザイン特徴事例

    四角形のイメージが強いウッドデッキですが、曲線のデザインや細長いデッキも
    可能ですし、またデッキ材料を目隠しフェンスやベンチにも加工でき、庭の構成がウッドデッキ材料で統一できます。特に自然木は転んでも大きなけがにはなりにくいことや、耐久性のあるウリン材であれば10年以上はメンテナンスフリーです。

  • 車が無い時も殺風景にならないガレージ土間
    21

    車が無い時も殺風景にならないガレージ土間

    広い駐車場が必要とはいえ、車は乗って外出するもの。来客用駐車場となれば、車が止まっている時間のほうが短いということもよくある話。楽しいデザインのガレージ土間なら車がないときも絵になります。

  • パーゴラの庭|庭に素敵な空間をつくるパーゴラ
    20

    パーゴラの庭|庭に素敵な空間をつくるパーゴラ

    ガーデンアイテムとして憧れのパーゴラ。庭のテラスとして設置したり、シンプルにバラなどのつる植物を楽しむために設置したり、用途はさまざま。目的にあわせて木製、アルミ製、屋根つきなどいろいろな種類を選ぶことができます。

  • アーチ・エントランスゲートのある外構
    19

    アーチ・エントランスゲートのある外構

    毎日出入りする門まわり。お客様をお迎えする門まわり。そのエントランス部にゲートがあるだけで、不思議とパブリックな場所とプライベートな場所の空間が区別されます。

  • ガラスを取り入れた門まわり
    18

    ガラスを取り入れた門まわり

    外構の顔となる門まわりに、存在感のあるガラス製品を取り入れてみませんか?形も色も多様な外構向けのガラス製品をご紹介します。

  • タイル貼り土間のデザイン特徴事例
    17

    タイル貼り土間のデザイン特徴事例

    せとものと同じ焼き物のタイルは大きさと色に選択幅が大きく、土間の一部分の高さを変更して変化をつけることで部屋内からの眺めをデザインできます。またタイル仕様は、ホテルやリゾート地の雰囲気を醸し出すデザインも可能で、明るくモダンな庭にもなります。

  • 庭の屋根(雨除け・日差し除け)
    16

    庭の屋根(雨除け・日差し除け)

    ウッドデッキ・タイルデッキに屋根をつけると、より快適なガーデンテラスに変身!雨対策や室内の日除けにも効果ありで冷暖房効率がアップする可能性大です。テラス屋根は、オーニング・アルミ・サンルーム型など用途により選べます。

  • 生け垣を撤去してフェンスや塀につくり替え
    15

    生け垣を撤去してフェンスや塀につくり替え

    緑が塀の役割をしてくれる生垣はとっても素敵なのですが、年月が経過し大きくなりすぎたり、管理ができなくなったとご相談をお受けする場合があります。生垣を撤去し新たに塀やフェンスなどにつくり替えた事例をご紹介します。

  • 植栽ひかえめのシンプルな庭
    14

    植栽ひかえめのシンプルな庭

    庭だからといってたくさんの植物を植えなくても、シンボルになる高木1本と少しの下草で庭に解放感と季節感を演出することができます。シンプルだからこそ時間の経過と共に変化する生活に合わせ、庭機能の変化を可能にします。

  • 水の庭|スペシャルな魅力満点!水のある庭
    13

    水の庭|スペシャルな魅力満点!水のある庭

    お庭に水の景色があるというのは特別な感じがしますよね。水といっても、プールや池、ビオトープ、吐水口などいろいろなものがあります。

  • カーポートにこだわる!ハイグレードな駐車場屋根
    12

    カーポートにこだわる!ハイグレードな駐車場屋根

    エクステリアのイメージを大きく左右するカーポート。近年さまざまなタイプのものが発売されています。オーソドックスなものとは一味違ったワンランク上のカーポートをご紹介します。

  • 音楽 ピアノの鍵盤土間
    11

    音楽 ピアノの鍵盤土間

    外構エクステリアを計画する際、好きなものをデザインテーマとしてとりいれると、オリジナリティあふれる素敵なエクステリアになります。
    今回ご紹介するのは「音楽」をテーマに設計したお宅です。

  • リゾート バリ島スタイルの外構
    10

    リゾート バリ島スタイルの外構

    外構エクステリアを計画する際、好きなものをデザインテーマとしてとりいれると、オリジナリティあふれる素敵なエクステリアになります。
    今回ご紹介するのは「バリ島・リゾート」をテーマに設計したお宅です。

  • スロープで段差を無くす バリアフリー外構
    9

    スロープで段差を無くす バリアフリー外構

    スロープは歩く・車椅子(電動・人の補助)共10度の勾配が基本です(50CMの高さで3Mの長さ、高さの6倍)5度の勾配であれば、車椅子の自走可能ですが50CMの高さで12倍の6Mの長さが必要となります。 どうしても距離がない場合でも15度が限界と思ってください。(50CMの高さで2Mの長さ)

  • エクステリアの緑として人工芝を取り入れる
    8

    エクステリアの緑として人工芝を取り入れる

    エクステリアのポイントとして、グリーンを取り入れたいけれど手間がかかるのはちょっと・・・というかたにぴったりなのが、最近人気急上昇の人工芝。ひと昔前のものとは違い、枯れ芝などが混ざったリアルな見た目のものもあります。

  • 地窓から眺める庭
    7

    地窓から眺める庭

    室内からの眺めのポイントとして、地窓が設けられるケースがよくあります。地窓の枠が庭を切り取り、一枚の絵のように見せてくれます。地窓を意識した庭はどんな感じになるか?をご紹介します。

  • ガーデンシンクのある庭で食事を楽しむ!
    6

    ガーデンシンクのある庭で食事を楽しむ!

    お庭にシンクがあれば、バーベキューやガーデンパーティーといった特別な日にはもちろんのこと、畑の収穫物を洗ったり、釣った魚をさばくなど、さまざまなシーンで便利に活躍してくれます。

  • やっぱり便利!3台以上が駐車できるカーポート
    5

    やっぱり便利!3台以上が駐車できるカーポート

    最近では、一家に3台以上の車をお持ちのお宅が増えています。広い屋根つきスペースがあれば、駐車以外の用途でも使えますよ。

  • 普通では物足りない方に!素敵なサイクルポート
    4

    普通では物足りない方に!素敵なサイクルポート

    サイクルポートと言えばアルミ製のものが主流ですが、それでは満足できないという方のためにおしゃれな自転車置き場のアイディアをご紹介します。
    雨除け・目隠し・ちょっとおしゃれに・デザイン性などを考慮したサイクルポートです。

  • サイクルポートのサイズと雨よけ度
    3

    サイクルポートのサイズと雨よけ度

    外構を考える時、車の駐車についてはよく検討しても、自転車置場をどこにするか?屋根つきにするか?などの検討を見落とす場合があります。しかし自転車や三輪車などが雨に濡れるのは意外と気になるものです。

  • 敷地・建物条件を活かした自転車置き場
    2

    敷地・建物条件を活かした自転車置き場

    自転車の収納をエクステリア全体で考えた時に、いろんな方法があります。ここでは敷地・建物・使い勝手・雨対策と自転車置き場の事例です。自転車用サイクルポート商品を使わなくても、収納が可能なことが多々あります。

  • 自転車駐車の整理整頓と盗難防止アイディア
    1

    自転車駐車の整理整頓と盗難防止アイディア

    自転車の台数が増えると、自転車置場が乱雑になったり通行を妨げてしまうこともあります。また、自転車といえば盗難も気になるところ。それらを解決するちょっとしたアイディアをご紹介します。

もっと詳しく:

アフター点検と保証 サンリブは無料の定期点検訪問を施工後五年間おこなっています。 サンリブへのアクセスマップ お客様の声
エクステリアを初めて施工される方へ
閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例

    △このページのトップへ

    株式会社四季 サンリブ 株式会社 四季 サンリブ 〒670-0083 兵庫県姫路市辻井四丁目11-46
    施工可能地域
    兵庫県/姫路市/香寺町/夢前町/安富町/揖保郡/太子町/たつの市/相生市/赤穂市/赤穂郡/上郡町/加古川市/加古郡/稲美町/播磨町/高砂市/明石市/加西市/小野市/加東市/西脇市/神崎郡/福崎町/市川町/神河町/佐用郡 /佐用町/宍粟市
    地図で施工可能地域を見る
    庭組曲メンバー
    創園舎 スペースガーデニング ファミリー庭園


    SSL グローバルサインのサイトシール