【門柱】タイル門柱 オープン外構
初めての外構

no.100

オープン外構のタイル門柱を集めました。タイルは種類も多く、住宅外構の個性を演出する素材として適しています。家と同調するタイル、逆に印象的に使うタイル。重厚感を表現するタイルなど、色いろなデザインが可能です。 一方タイル門柱はランニングコストに優れています。ぬりかべ・吹付の門柱は5〜6年に一度再塗装が必要ですが、タイルは高温度の焼き物なのでその必要はありません。もし表面の汚れが気になるなら水洗いをすればOKです。(ひどい場合は市販の洗剤などを使用します)

外壁と同系色のタイルですが、質感のあるコバタイル。間にガラス角柱を挟むことで、変化をつけています。

外壁より濃いブラウン系タイルで目立ちますが、床にも同系色のレンガを使用することで、建物とのコントラストをだしています。

門柱をシンボリックに、外壁と反対色を使ったモダンなタイル門柱。

種類の違う2種類のタイルをつかったモニュメント風門柱。 (一つは表面はつるっとしたもの、一つは石材風の表面が凸凹のあるタイルで質感が違うものを合わせています)

道路近くでつい立てとしての機能を果たすタイル門柱。ポスト・表札・インターホンが分かりやすく、同じタイルの色違いのアクセントがポイントです。

幅広(約1.5m幅)のタイル門柱を玄関ドアのライン上に持ってくることで、住宅全体に落ち着きと安定感を生みます。この時のタイルは建物と同系色がよくなじみ、上品さを演出します。

大判の300角のタイルと30角の凹凸タイルを組み合わせ、大型ガラス表札を組み入れた門柱。個性が強いので好き嫌いがありますが、門灯の横ライン、ポストの縦ラインなど、縦・横の素材と機能の面白い組合せ門柱です。

門塀仕様の門柱。長さ2.4mとボリュームがあるのは、写真では分かりづらいですが、門柱の上は門ゲート(門柱の左右にある柱・格子状のもの)が外構全体をまとめ、ゲートとバランスのよい門塀になっています。300角タイルに50角の凹凸タイル(黒の横ライン)と大型ガラス表札の構成です。

同色系でまとめた土間のアクセントになっているタイル門柱です。石貼り・植栽・レンガ階段・玄関の300角タイル・砂利さまざまな素材のなかでカラートーンをあわせることで、さりげなく目立たずも存在感のある門柱になりました。

外壁に同調させ、2色使いのタイルのモノトーン的な外構に、レンガの袖壁でアプローチのカラーとなじませています。


初めての外構の他の記事

アフター点検と保証 サンリブは無料の定期点検訪問を施工後五年間おこなっています。 サンリブへのアクセスマップ お客様の声
エクステリアを初めて施工される方へ
閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例

    △このページのトップへ

    株式会社四季 サンリブ 株式会社 四季 サンリブ 〒670-0083 兵庫県姫路市辻井四丁目11-46
    施工可能地域
    兵庫県/姫路市/香寺町/夢前町/安富町/揖保郡/太子町/たつの市/相生市/赤穂市/赤穂郡/上郡町/加古川市/加古郡/稲美町/播磨町/高砂市/明石市/加西市/小野市/加東市/西脇市/神崎郡/福崎町/市川町/神河町/佐用郡 /佐用町/宍粟市
    地図で施工可能地域を見る


    SSL グローバルサインのサイトシール