庭にかかわる読み物いろいろ

松川コラム

vol.6 植物お手入れのこと 施肥について

今回は施肥についてのお話です。
植え付け直後の樹木は、根を切り縮めて(畑から堀取り、根巻きして)運搬されているので、根の伸長が十分でありません。根系が傷んでいると十分な養分吸収ができません。
それが2~3年経つと、新しい根が伸び始めて養分を吸収できるようになり、地上部の枝や葉がぐんぐん成長を始めます。

イメージ

植物には空気中から取り入れる炭素(C)と酸素(O)、水から得られる13種の必須元素があります。
大量要素 ・・・ N・P・K (三要素)
中量要素 ・・・ Ca・Mg・S
微量要素 ・・・ Fe・Mn・B・Cu・Zn・Mo・Cl

イメージ

この中で植物が必要とする量が多いものを三要素とよび、不足することが多いので肥料として補給する必要があります。

*肥料の三要素(NPK)*

N(チッソ)
植物を大きく成長させる作用があります。特に葉を大きくさせやすく葉肥はごえと言われます。過剰に与えると植物自体が徒長し、軟弱になるため病害虫に侵されやすくなるのでご注意を。

P(リン酸)
開花結実に関係します。花肥はなごえまたは実肥みごえと言われます。

K(カリ)
主に根の発育と細胞内の浸透圧調整に関係します。根肥ねごえと言われます。

イメージ

*肥料の与え方*
樹木の場合、葉張り周の範囲で深さ20~30cm程の溝を掘り肥料を入れて埋めます。

イメージ

最も一般的な方法で有機肥料(堆肥・油粕・骨粉・鶏糞・牛糞 等)を入れて埋めます。 化成肥料も少し混ぜると速効性も期待できます。

  • 有機肥料:腐葉土や堆肥・油粕・骨粉・鶏糞・牛糞 等 遅効性タイプ。
    土壌改良などの目的でも使われます。
  • 化成肥料:即効性タイプが多いです。

*お礼肥*
花や果実が終わった直後に施してあげてもらいたいもので、養分をたくさんつかって花や実を付けてくれた樹にお礼の意味を込めて肥料をあげ、その後の成長を良くするために行うのが目的です。なので、与える肥料は即効性のものを選んでくださいね。

イメージ

*寒肥*
12~2月の樹木の休眠期に施す肥料のことで、春先の萌芽の頃に効果が現れて樹勢を高めるとともに、根の発育促進や土壌改良の効果もあります。主に果樹に対して行います。与える肥料は肥効がゆっくりで、根にも土にもよい有機肥料が効果的です。

イメージ

植物は生き物です。状態を見て上手に付き合っていきましょう♪

アフター点検と保証 サンリブは無料の定期点検訪問を施工後五年間おこなっています。 サンリブへのアクセスマップ お客様の声
エクステリアを初めて施工される方へ
閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例

    △このページのトップへ

    株式会社四季 サンリブ 株式会社 四季 サンリブ 〒670-0083 兵庫県姫路市辻井四丁目11-46
    施工可能地域
    兵庫県/姫路市/香寺町/夢前町/安富町/揖保郡/太子町/たつの市/相生市/赤穂市/赤穂郡/上郡町/加古川市/加古郡/稲美町/播磨町/高砂市/明石市/加西市/小野市/加東市/西脇市/神崎郡/福崎町/市川町/神河町/佐用郡 /佐用町/宍粟市
    地図で施工可能地域を見る
    庭組曲メンバー
    創園舎 スペースガーデニング ファミリー庭園


    SSL グローバルサインのサイトシール