庭にかかわる読み物いろいろ

大塚紀雄の庭コラム

第2回 門・ガレージと庭を一体化するコツ

門・ガレージの外構を施行する際、植物や砂利といった自然素材をできるだけ意識してデザインし、違和感が無いよう組み合わせる事が求められます。

人工的な外構の要素と庭を融合させることは、エクステリアの重要なポイントです。 今回は、門・ガレージなどの外構要素と庭を一体化するコツと題して、一般によくみられる無機質な外構を庭風に設計デザインしたプランをご紹介します。

e57_04.jpg

e57_05.jpg

このプランは、小さなお子さんがおられる30代ご夫婦の住宅外構をイメージしています。アプローチは限られた空間を広く見せる工夫がされ、子どもの遊び場は数年後に不要となり変更することが前提になっています。通常なら業者が意識することの少ないディテール、小さな納まり・違う材質が重なる所などをチェックしてみて下さい。

オープン外構ですが、安い費用でクローズ外構に変更できるようにプランニングされています。

アフター点検と保証 サンリブは無料の定期点検訪問を施工後五年間おこなっています。 サンリブへのアクセスマップ お客様の声
エクステリアを初めて施工される方へ
閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例

    △このページのトップへ