庭にかかわる読み物いろいろ

辻元史郎の庭コラム

第3回 庭設計の基本 庭のプランニング

前回の「外構」の基本的考え方に続き、今回は「庭」編です。
お客様からのご依頼を設計デザインする時に、どのような流れでプランニングしていくかを、ご説明しましょう。施主の希望、敷地条件、方位など諸々の条件を踏まえて、以下の順序で考察します。

1)平面図  敷地全体でラフプランをつくる。
2)立面   平面ラフを位置、高さ、大きさで検討。
3)断面   安定感、つながり、施工納まりを検討。
4)スケッチ 各部分の見る位置、見える部分をスケッチして立体的空間イメージを確認する。

この上記の4つの工程で、部分と全体、観る位置、見え方を考えていくと、デザイン完成度の高いプランが出来上がります。さっそく参考モデルの元、作図に入っていきましょう。条件は次の3つです。

【条件】
・既存の庭のリフォーム。
・リビング、和室に面した48m3(9,5m×5m)の庭。
・施主の希望:プライバシーが保たれた、夫婦2人がラグジュアリーな時間を満喫し、時には仲の良い友人と時間を過ごせる庭。

以上の条件のもとに、この庭に課せる目的は
「ひとつの庭を目的によって分け、使いこなすことで、住む人の日常生活に取り込む」ということです。
では具体的にどういった内容を盛りこむのか。次の3つのテーマを考えました。

【3つのテーマ】浸る・観る・活かす
浸る:一人で物思いに耽ったり、自分の時間をすごす場。
観る:室内から観る、庭に出て観るなど、風景として楽しむ。家事の間の片時に目に入って「ほっ」とする風景。
活かす:観るだけではなく、縁台(デッキ)で楽しむ、時を楽しむ庭として、生活の中にとけ込ます工夫。

これを平面にプランしましょう。

e79_1.jpg

上記のテーマを元に、3つの要素と部分で考えました。3つの部分がバラバラに在るのではなく、統一させてひとつの庭として機能させることが重要なプロの技です。

e79_2.jpg

和室から・リビングから、庭から…。位置を変えた時の眺めが、ひとつの庭とは思えないほどに風情を変え、見え方の違いを感じさせる工夫が重要です。

次は立面で、庭の高低の変化を確認します。

e79_3.jpg

縁台、橋板、ぬれ縁、築山、高木やオブジェなど、それぞれの高さの相互関係が、室内や縁台からどのように見えるか、また各部分のつながりが不自然ではないかを検討します。もちろん施工上の利便も考え、納まりのチェックにも立面図は重要です。

ではこの続き、「断面で考える」は次回のお楽しみに。

アフター点検と保証 サンリブは無料の定期点検訪問を施工後五年間おこなっています。 サンリブへのアクセスマップ お客様の声
エクステリアを初めて施工される方へ
閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例

    △このページのトップへ

    株式会社四季 サンリブ 株式会社 四季 サンリブ 〒670-0083 兵庫県姫路市辻井四丁目11-46
    施工可能地域
    兵庫県/姫路市/香寺町/夢前町/安富町/揖保郡/太子町/たつの市/相生市/赤穂市/赤穂郡/上郡町/加古川市/加古郡/稲美町/播磨町/高砂市/明石市/加西市/小野市/加東市/西脇市/神崎郡/福崎町/市川町/神河町/佐用郡 /佐用町/宍粟市
    地図で施工可能地域を見る
    庭組曲メンバー
    創園舎 スペースガーデニング ファミリー庭園


    SSL グローバルサインのサイトシール