庭にかかわる読み物いろいろ

辻元史郎の庭コラム

第5回 庭設計の基本 スケッチでイメージ

辻元史郎が語る、外構・庭のとっておきの話5回目。今回は庭編の3回目です。

これまでに平面、立面や断面の図面検討をご紹介しました。今回はスケッチデザインの残りをお話します。

オブジェや植栽など、庭の構成物が存在を主張するのではなく、それぞれの役割のもと互いに引き立て合う風景づくり。これが庭造りの基本です。

e81_1.jpg

調和、統一、リズムや距離感などは、ものづくりには不可欠の要素です。こういったデザインの変化は、みる人の心を期待感で膨らませます。

e81_2.jpg

「庭設計の基本」の回にご紹介した「3つの要素のつながり」が、ひとつの庭として表現されているのが確認できると思います。部分は全体につながり、全体は部分のコンセプトでひとつになる。見る位置によって全容を見せず余韻を生み出し、かつ風景を変化させます。

こういった「粋」な見せ方が、とても重要なプロの技。そこに生活する施主が、作る側とともに共起でき共有する庭空間となります。

e81_3.jpg


先に延べたように、デザインをすることは、主には平面によって検討されるも、立体的な構成も並行して計画される事が肝要です。デザイン精度を高めるため、図面に書いた庭を脳内で歩き回り、断面をイメージし、ディテールやスケッチと多角的に検証し、プランニングされることが望ましいのです。これが辻元流、庭デザインの極意です。

以上3回に渡り、庭の基本的考えをサンプル図面で解説しました。次回からは、長年携わってきた現場の中から、事例をいくつか挙げてご説明したいとおもいます。思いもよらないようなプランやデザインを、ピックアップしてご紹介します。

アフター点検と保証 サンリブは無料の定期点検訪問を施工後五年間おこなっています。 サンリブへのアクセスマップ お客様の声
エクステリアを初めて施工される方へ
閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例

    △このページのトップへ

    株式会社四季 サンリブ 株式会社 四季 サンリブ 〒670-0083 兵庫県姫路市辻井四丁目11-46
    施工可能地域
    兵庫県/姫路市/香寺町/夢前町/安富町/揖保郡/太子町/たつの市/相生市/赤穂市/赤穂郡/上郡町/加古川市/加古郡/稲美町/播磨町/高砂市/明石市/加西市/小野市/加東市/西脇市/神崎郡/福崎町/市川町/神河町/佐用郡 /佐用町/宍粟市
    地図で施工可能地域を見る
    庭組曲メンバー
    創園舎 スペースガーデニング ファミリー庭園


    SSL グローバルサインのサイトシール