ウッドデッキ施工の前に

ウッドデッキを設置するにあたって、 ぜひ考えていただきたいポイントをまとめました。

ウッドデッキをより永く使うには

屋外で使用する自然木ウッドデッキ(レッドシダー・SPF材)は時間の経過とともに、色あせや腐りが起こります。(20〜30年腐らないという木材もある)
15年経過のレッドシダー

通常、デッキ材の腐食をおさえる方法は 塗装(※少なくとも2年に1回程度)することですが、 デッキの上に屋根をつけることでも、腐食を遅らせることができます。
※ウッドデッキ下の塗装できない部分はこの限りではありません。

15年経過の屋根付きウッドデッキ

上記の写真1と4を比べてください。
どちらも15年経過していますが、屋根のあるデッキは割れも少なく、まだ腐ってはいません。5〜10年と言われているレッドシダーでも15年経過後も問題ありません。30年は腐食しないと言われているウリンも、より良い状態で保護するために屋根の設置を検討するのも一考です。
※サンリブの展示場で上記の経年変化がご覧になれます。

雑草対策

ウッドデッキの床下にも、環境によっては草が生えてきます。そんなデッキ下の雑草対策例をご紹介します。

デッキ下の雑草
防草シート土間コンクリート

左の写真は防草シートの上に砂利を敷きならしたものです。永久には無理ですが、(設置場所、周囲の環境で)10年〜15年は心配ありません。

右の写真は、さらに湿気対策も兼ねた、コンクリート土間での施工です。 金額アップになり通常はここまで必要ではありませんが、雑草対策、デッキの長期維持には申し分ありません。

必要な設備

ウッドデッキ設置後によく追加される設備が電気と水道です。デッキ上に照明があると夜も楽しめます。また、一番忘れがちなのはコンセントの差し込み口。使い勝手の良い位置を検討してください。

設備のもうひとつが水道です。散水柱、蛇口のデザインより機能第一に考えてください。蛇口が2ヶあるもの、ウッドデッキの上か下か、など水道の位置は要注意です。

電気コンセント、電気ボックスデッキの蛇口
お庭づくり・リフォームガーデントップ
アフター点検と保証 サンリブは無料の定期点検訪問を施工後五年間おこなっています。 サンリブへのアクセスマップ
エクステリアを初めて施工される方へ
閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例

    △このページのトップへ

    株式会社四季 サンリブ 株式会社 四季 サンリブ 〒670-0083 兵庫県姫路市辻井四丁目11-46
    施工可能地域
    兵庫県/姫路市/香寺町/夢前町/安富町/揖保郡/太子町/たつの市/相生市/赤穂市/赤穂郡/上郡町/加古川市/加古郡/稲美町/播磨町/高砂市/明石市/加西市/小野市/加東市/西脇市/神崎郡/福崎町/市川町/神河町/佐用郡 /佐用町/宍粟市
    庭組曲メンバー
    創園舎 スペースガーデニング ファミリー庭園


    SSL グローバルサインのサイトシール