姫路市 O邸危険なブロック塀のリフォーム工事

NO.01100

危険なブロック塀のリフォーム工事画像

道路との境界に建てた古くなったブロック塀を、安全に機能的にリフォームした事例です。9段積み(高さ1.8m)の高いブロック塀は30-40年前に建てられたもので、ヒビが入り危険な状態になっていました。敷地と道路とを隔てる役割はそのままに、ブロックの高さを抑えアルミのフェンスを取り付けることで風通しよく安全な塀になりました。反対側の境界も同じ仕様で圧迫感なく仕上がりました。

※画像をクリックすると拡大します

  • 境界塀(東面)
    CB100
  • 勝手口門扉
    YKK シンプレオ門扉 2型 08-10
  • 境界塀(東面)
    YKK シンプレオフェンス T1型 T-8

他の施工例

ご依頼の多い事例 100選

詳細条件で施工例を探す

アフター点検と保証 サンリブは無料の定期点検訪問を施工後五年間おこなっています。 サンリブへのアクセスマップ お客様の声
エクステリアを初めて施工される方へ
閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例

    △このページのトップへ